2019/03/11~03/17

今週は移動が多かった。

火曜の午後から大阪に向かい、Hack OSAKA2019というイベントに参加させて頂いた。

https://www.innovation-osaka.jp/hackosaka/hack-award/

Hack OSAKAは「オープンイノベーションシティ」を掲げる大阪市が、年に一度開催する国際イノベーション会議で今年で7回目だそうだ。展示とかトークショーとか色々盛りだくさんなイベントだったが自分はHackAwardというビジネスプランコンテスト(5分のピッチと3分の質疑のコンテスト)にnnfとして参加した。さすが国際イノベーション会議というだけあってフランス、インド、ブラジル、香港…など国際的な出場者10組のなかで日本のスタートアップは2組しかおらず、会場も数百には入るような大きい舞台だった。

日本語のピッチに関しては慣れてきた感があるけど、今回は英語でピッチ。ORPHE TRACKについてきちんと英語でピッチしたのは今回が初めてだったのでかなり緊張した。だが結果Silver Prize(2位)をもらうことができた。

その後観てくれた人に英語について褒めてもらえたりしたので素直に嬉しかった。自分は半年間バルセロナに留学したことくらいしかないので(公用語カタルーニャ語…)旅行とかは困らないけどビジネスとしては頼りないくらいの英語力なのだが、今回はgoogle翻訳でまず日本語のピッチを訳し(流石に日本語ぶっ込むだけでは自然な英語にならないので英語表現になるように形を整えたりはした)、音声読み上げ機能を使って発音を確認し、それを繰り返し喋って練習した。完璧な英語ではないとおもうけど今だとgoogle翻訳でもかなりいいところまで翻訳してくれるし、今回自分の英語力+google翻訳の力だけで受賞まで行けたのでそれなりに有効な手法なんだと思う。

しかし日本は英語が喋れる人が少ないのでこういう国際的なイベントの運営は難しそうだなと感じる。

先日PnPのEXPOでEXPO Winnerっての受賞したんだけど、その時は日本語でピッチをして、ほとんど日本人のオーディエンスの投票によって優勝した…ので自分はまーよかったんだけど、国際的なイベントということできちんと英語で勝負したEmpathの山崎はずむとか海外から来て出場したスタートアップの方々にはちょっと申し訳ない感じもした。

Hack OSAKAも主催者側に英語が流暢な人ももちろんいたんだけど得意でない人も少なからずいて、海外からの参加者が若干気を使っているような場面も見られた。ただHack OSAKAはイベント全体としてはすごく良くてこういう国際的な取り組みは続いて欲しいなと思った。

木曜〜金曜は初めて北京に行った。

為末さんが誘ってくれて周りのスポーツテック・フードテック系の起業家の人たち、東大の教授とグループで清華大学やその周りの企業などを視察させてもらった。

北京は初めて行ったけどかなり洗練されていた。一つ一つの建物がでかくてアメリカっぽいなと思った。東アジアのごちゃごちゃした感じが見られなかった。あと大気汚染とか感じるかな?と思ってたのだけど全然大丈夫だった。むしろ東京で花粉症に苦しむ自分にとっては楽だった。

調べてみると今や北京は東京よりちょっと空気が悪い、くらいらしい

あと別に寒くもなかった。なんなら東京の方が寒いくらいだった。季節がよかったのだろうか?

清華大学やその周りの企業は非常に進んでいた。ウェアラブル系のデバイスを作っているような人たちもいたが、ちょっと手がつけられないなという感じの進み方の部分もあった。一流の大学があって(清華大学は2019年の世界大学ランキング22位、東京大学は42位)、数年前から国が大きな予算で産官連携の仕組みを作り、先端技術を扱うテック企業が実用化を図り、製造フェイズに入ると中国の別の地域の企業と連携して最速で製品化していくという。基本的な座組みのレベルで離されている。非常に現実的に、強みのある人たちが強みを掛け合わせて、次に進もうとしている勢いを感じた。

最後にふと立ち寄ったレストランで映像がディスプレイで流されていて、気にしなければオシャレで、よくみると面白くて批評性も若干あるような非常にバランスのよい、日本では観たことのないようなタイプの映像が流れていたのが印象的だった。映像や音楽などの文化については東京は進んでいるような感覚があるが、考えてみれば今やTiktokも中国から来ているし、若い人の数で考えれば様々な発明が10倍のスピードで進んでいるのかもしれない。

上で触れた英語力に関しても訪問先の人たちは大概日本人勢より英語が上手かった。教育レベルが高く、労働人口が沢山あり、製造も国内でスピーディに行え、政府が後押ししてくれる中国に対して、日本人は何をしていけばよいのだろう?もしかしたら日本は中国より上、という感覚を持っている日本人がまだいるかもしれないが、実体としては既に何ゲームも離されているし、リソースの問題から考えてこれから差は広がっていくだろう。別に悲観的になるつもりはなくて、国としてはそう言う動きがあって、その前提の中で自分ができることをきちんと考えてやっていこうと思った。