2018/04/01~04/14

Netflix でテラスハウス全部観てしまった。

自分が「テラスハウス観る側」の人間だとは最近まで本当に思ってなかったが、勢いに乗って全部観てしまった。パケット制限になるほどに観てしまった。

ただ、一つ言いたいことがある。「副音声で」ということだ。

テラスハウスは一つのテラスハウスに男3女3の若者の共同生活する様子を脚本なく、映画のようなカメラワークで収めていくドキュメンタリー番組で、観たことがある人はわかると思うけど合間合間にYOUやトリンドルや徳井や山里ら(敬称略)の絶妙な感想、ツッコミが入る。そして副音声では若者たちの生活を放送している時間にも、主音声としてはYOUやトリンドルや徳井や山里らが映像を観ながら想い想いの感想を喋るというラジオ番組のようなつくりになっている。

このツッコミ陣の構成が非常に秀逸で、若者たちの行動を時に持ち上げ、盛り上げ、時に疑い、笑っていく。主音声においてはカッコつける若者がカッコよく放送されているが、副音声ではめちゃくちゃ笑い者にされている、ということがままおこる。テラスハウスはおそらくイケてる若者をターゲットに作られているが、一方で副音声はイケてない側、いわばテラスハウス観ない側の人間向けに作られている感じがする。だから自分はテラスハウス全部観たけど「テラスハウス観る側」の人間ではない気もする。実際初期のシリーズは副音声がなくて、観ようとチャレンジしたけど全然観てられなかった。逆に自分は副音声しか観れないのだ。この映像が同じでも主音声と副音声で全く違うターゲットを満足させうるコンテンツ作りがさすがNetflixという感じがする。

出演する若者たちはモデルだったり役者だったり出役を目指していることが多く、筧美和子のような「テラスハウスで認知を得てその後一流芸能人へ」というモデルを目指しているんだろうな(もしくは事務所がそれを期待してるんだろうな)ということが多い。だが脚本のない共同生活とは恐ろしいもので(あと半分くらいは出役を目指しているわけでもない素人を混ぜているところも大きいと思われるが)1ヶ月も生活しているとどうしてもキャラ設定や演出を維持しきれず、その人の内面が見えてきてしまう。初期の作り込みを頑張るほどに後半とキャラのギャップが大きくなって叩かれる原因になったりするから厄介だ。

テラスハウスにいるあいだ中悪い部分を見せずに人気者になれる人は実は一握りで、半分以上の人が何かしら自分の欠けている部分を露呈してしまうし、さらにひどい人の場合は炎上してSNSなどで視聴者からかなり攻撃される。番組中で行なった恋愛は全て批評に晒されるのはもちろんのこと、番組中にカップルになった人はその後の付き合い方などもSNSを通じてウォッチされるし、何もしなければしないではやくテラスハウスを出ろよというプレッシャーをかけられる。相当ハイリスクハイリターンな世界なのだ。

自分は昭和生まれの旧来的な人間なのでああやって私生活を晒すのは絶対辛いと思ってしまうのだが、出てる人にとってはSNSが炎上するのも有名税くらいに感じているのだろうか。たまに信じられない悪い性格の人が出てきて番組中でもボロクソに言われSNSでも叩かれて本当に損しかしてないじゃんと思うのだが、怖いもの見たさでインスタを見てみるとへっちゃらな感じで投稿していたりする。そういう時代なのだろうか…



どうでもいい話だが。

2018/03/25~03/31


今年からnnfではOKRを採用しており3月末で四半期ということで前のOKRの振り返りと新しいOKRの設定を行った。

OKRとはシリコンバレーの大企業が積極的に取り入れていることから注目を集めている目標設定・管理ツールだがシンプルなんだけど運用が難しくて大概最初は失敗するらしい。…と言ってたらこの3ヶ月実際失敗した感じだった。

最近だとうちの会社は新製品の開発を行っているので色々とスケジュールが想定通りいかなかったりするのだがOKRに沿ってそこにさらに野心的な目標を各セクションで数個建てたりすると現実と理想の乖離が悲惨な感じになって、結果的にはOKRなんて気にしてらんねえよって感じになってしまっていた。これはまずいなと思って本を読んだりして考え直した。

OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

この本はOKRを学ぶ時に必須みたいな有名な本なのだが自分はこのタイミングまで読んでなかった。けど結果的に言えば一度やってみて失敗した今のタイミングが一番吸収しやすかったと思う。本の前半は架空のスタートアップがOKRを取り入れようとして一度失敗し、改善してやり直すことで成功する物語になっているのだがまさに俺のためのストーリじゃないかと思うくらい共感した。

結果的に今四半期(2019/3~6月)はOKRをO目標1個、KR3つに絞り、要するに目標と計測すべき指標を限界まで絞り込んでみることにした。うまくいくかはわからないが、色々な目標に目移りしてフォーカスがぶれるよりはマシな気がしている。

うまくいかせるために明日からも頑張らねば。

2019/03/18~03/24

大阪、北京と忙しかった先週と比べて今週はずっと東京にいて落ち着いていた。ただスタートアップをやっていると落ち着いて考えるほどやるべきことが見えてきて逆に忙しく感じたりする。意外と北京にいてネット接続もままならない、という時の方が気楽だったりするのだ。

来月から新しいメンバーを迎えることになっているので書類作成など行なっている。

来月からは正社員が10人となる予定だ。業務委託やインターンを入れると20人くらいはnnfとして動いている人がいると思う。靴とIoTとAIを内製するメーカーとしては20人でも全く人手は足りていない感覚だが、徐々にそれなりの規模になってきているなとは感じる。

最初は自分が徹夜したり無理をすることでカバーできる部分が多くても、徐々に自分では手出しできないことが増えたり、戦略的なミスが個人の努力では取り返せないようになってくる。要するにマネージメントする人は頭が良くないといけない。

頭が悪いことが許されない、というのはシンプルだけどなかなかシビアな話だ。専門的に領域に対する勉強や努力は常に重要だけど、組織全体で考えると人に任せるという諦めも重要になる。一方人に任せすぎるとエッジの効いたプロダクトはつくれなくなる気がする。そしてその最適なバランスは組織の変化とともに常に変化していく。

…とまあ悩みは尽きないけど、とりあえず関わってくれた人がよかったと思ってくれるような組織を目指したい。

2019/03/11~03/17

今週は移動が多かった。

火曜の午後から大阪に向かい、Hack OSAKA2019というイベントに参加させて頂いた。

https://www.innovation-osaka.jp/hackosaka/hack-award/

Hack OSAKAは「オープンイノベーションシティ」を掲げる大阪市が、年に一度開催する国際イノベーション会議で今年で7回目だそうだ。展示とかトークショーとか色々盛りだくさんなイベントだったが自分はHackAwardというビジネスプランコンテスト(5分のピッチと3分の質疑のコンテスト)にnnfとして参加した。さすが国際イノベーション会議というだけあってフランス、インド、ブラジル、香港…など国際的な出場者10組のなかで日本のスタートアップは2組しかおらず、会場も数百には入るような大きい舞台だった。

日本語のピッチに関しては慣れてきた感があるけど、今回は英語でピッチ。ORPHE TRACKについてきちんと英語でピッチしたのは今回が初めてだったのでかなり緊張した。だが結果Silver Prize(2位)をもらうことができた。

その後観てくれた人に英語について褒めてもらえたりしたので素直に嬉しかった。自分は半年間バルセロナに留学したことくらいしかないので(公用語カタルーニャ語…)旅行とかは困らないけどビジネスとしては頼りないくらいの英語力なのだが、今回はgoogle翻訳でまず日本語のピッチを訳し(流石に日本語ぶっ込むだけでは自然な英語にならないので英語表現になるように形を整えたりはした)、音声読み上げ機能を使って発音を確認し、それを繰り返し喋って練習した。完璧な英語ではないとおもうけど今だとgoogle翻訳でもかなりいいところまで翻訳してくれるし、今回自分の英語力+google翻訳の力だけで受賞まで行けたのでそれなりに有効な手法なんだと思う。

しかし日本は英語が喋れる人が少ないのでこういう国際的なイベントの運営は難しそうだなと感じる。

先日PnPのEXPOでEXPO Winnerっての受賞したんだけど、その時は日本語でピッチをして、ほとんど日本人のオーディエンスの投票によって優勝した…ので自分はまーよかったんだけど、国際的なイベントということできちんと英語で勝負したEmpathの山崎はずむとか海外から来て出場したスタートアップの方々にはちょっと申し訳ない感じもした。

Hack OSAKAも主催者側に英語が流暢な人ももちろんいたんだけど得意でない人も少なからずいて、海外からの参加者が若干気を使っているような場面も見られた。ただHack OSAKAはイベント全体としてはすごく良くてこういう国際的な取り組みは続いて欲しいなと思った。

木曜〜金曜は初めて北京に行った。

為末さんが誘ってくれて周りのスポーツテック・フードテック系の起業家の人たち、東大の教授とグループで清華大学やその周りの企業などを視察させてもらった。

北京は初めて行ったけどかなり洗練されていた。一つ一つの建物がでかくてアメリカっぽいなと思った。東アジアのごちゃごちゃした感じが見られなかった。あと大気汚染とか感じるかな?と思ってたのだけど全然大丈夫だった。むしろ東京で花粉症に苦しむ自分にとっては楽だった。

調べてみると今や北京は東京よりちょっと空気が悪い、くらいらしい

あと別に寒くもなかった。なんなら東京の方が寒いくらいだった。季節がよかったのだろうか?

清華大学やその周りの企業は非常に進んでいた。ウェアラブル系のデバイスを作っているような人たちもいたが、ちょっと手がつけられないなという感じの進み方の部分もあった。一流の大学があって(清華大学は2019年の世界大学ランキング22位、東京大学は42位)、数年前から国が大きな予算で産官連携の仕組みを作り、先端技術を扱うテック企業が実用化を図り、製造フェイズに入ると中国の別の地域の企業と連携して最速で製品化していくという。基本的な座組みのレベルで離されている。非常に現実的に、強みのある人たちが強みを掛け合わせて、次に進もうとしている勢いを感じた。

最後にふと立ち寄ったレストランで映像がディスプレイで流されていて、気にしなければオシャレで、よくみると面白くて批評性も若干あるような非常にバランスのよい、日本では観たことのないようなタイプの映像が流れていたのが印象的だった。映像や音楽などの文化については東京は進んでいるような感覚があるが、考えてみれば今やTiktokも中国から来ているし、若い人の数で考えれば様々な発明が10倍のスピードで進んでいるのかもしれない。

上で触れた英語力に関しても訪問先の人たちは大概日本人勢より英語が上手かった。教育レベルが高く、労働人口が沢山あり、製造も国内でスピーディに行え、政府が後押ししてくれる中国に対して、日本人は何をしていけばよいのだろう?もしかしたら日本は中国より上、という感覚を持っている日本人がまだいるかもしれないが、実体としては既に何ゲームも離されているし、リソースの問題から考えてこれから差は広がっていくだろう。別に悲観的になるつもりはなくて、国としてはそう言う動きがあって、その前提の中で自分ができることをきちんと考えてやっていこうと思った。