(ブログ)会社をつくりました

久しぶりのブログ更新です.最近色々なことが一気に起こって,なかなか情報も確定できなかったので告知できませんでした.お世話になっている方々にもなかなか報告ができず申し訳ありませんでした!!!これから挨拶回りさせていただきたいと思っております.

さて,報告ですが,この度株式会社no new folk studio という会社を創業致しました.「IoT×音楽」をテーマに音楽用インタフェースの開発を主軸に活動する会社です.そして弊社は株式会社ABBA Lab様の支援プログラム「ABBALab Farm Program」に選出いただきまして,11月より秋葉原のDMM.make AKIBAにてハードウェアスタートアップ企業として活動をして参ります.創業したといっても数ヶ月はアクセレーションプログラムのなかで必死で勉強するといった感じで,実際に商売をはじめるのは来年以降になると思います.友人二人とはじめるとても小さな楽器店ですのでどうぞみなさま応援して頂けますと幸いです…!
実は11月半ばからまたスペインに行ったり忙しくしていると思いますが,12月半ばからは落ち着いて秋葉原で開発していると思いますので,付近に立ち寄られた方はお気軽にご連絡ください.

当面は支援プログラムの講習を受けたりしながらIoTなハードウェアをつくるための力を伸ばしていきます.同時に僕がスペインに留学してる間つくっていた「踏み込みで演奏できる靴」LuminouStepを,今後は商品化を目指してno new folkで開発していくことになりました!music hack day Barcelonaでは3賞受賞等話題にしてもらったLuminouStepですが,商品となるにはまだまだ課題がいっぱいです.それでも仲間と必死にブラッシュアップして皆さんの手に届く物にしたいと思っています.どうぞ応援よろしくお願いします!


あと,「no new folkってどういう意味なの?」って結構まわりに聞かれるので,できるだけ簡潔に説明.

folkとは,『民俗,民間, 地方の』といった意味を持つ言葉です.多くの人はこのfolkという言葉に,何か古めかしいイメージを持っています.でも,この先生まれる人も含めてすべての人が故郷や国を持っています.みんなのとってそれぞれのfolkがあって,folkは常に僕達の生活に根ざし,刷新され続けるものです.

「コンピュータと日常的に接する我々にとって,さらにデジタルネイティブ世代にとってのfolk musicを表現する」というのが我々の一つの命題です.そしてテクノロジーが生活に根本的に介在している今現在の僕らのfolkを表現するための「楽器」を開発すること,それが我々のミッションだと思っています.

でも,我々はそうして生まれる音楽を「新しいfolk」だとは思っていません.なぜならfolkとはもともと我々の生活とともに常に刷新されるはずのものだから.この先どのようにテクノロジーが進化して音楽が今の自分たちには想像もできない形に進化していたとしても,表現者が自分の出自に向きあって発信していたらそれはfolkだと思います.ひと時の新しさに固執して形骸化しない,そんな決意を持って,「no new folk」.

 

……ちょっと語ってみちゃいましたがおわかりいただけたでしょうか!??笑

実際語呂がよくて付けただけの気もするし,禅問答のように一生考えていく言葉のような気もしています.

起業の話も今日だけではとても書ききれないので,また追って報告していきます!乞うご期待

(ブログ)LuminouShare というサービスを考えました

6月にバルセロナでmusic hack dayというハッカソンに参加して,またかよって感じになりそうですが8月8-10日Hirameki / Gugen2014というハードウェアハッカソンに参加してきました.

http://gugen.jp/hirameki

Gugen は去年PocoPocoでもお世話になった,P板.comという会社が運営している新しいハードウェアの商品化を目指す大会です.

Hiramekiは今年から始まったGugenを見据えたハッカソンで,3日間でみんなが新しいハードウェアを絡めたサービスを考えて,良いものは商品化を目指してGugen本戦に参加したりしていこうというものでした.

そして……結果僕たちのチームは大賞をいただくことができました!hirameki受賞

大変優秀な方のそろった恵まれたチームで,楽しみながらいいものをつくることができて本当に幸せでした.Hiramekiハッカソンでつくられた即席のチームだったのですが,これからGugen本戦,そして現実の起業にむけて動き出したいと思っています!

 

 

そこで今回は我々の提案したLuminouShareというサービスについて少しご紹介したいと思います.

 

LuminouShareは「LEDの光り方の操作をシェアすることで誰でも簡単に美しい・かっこいい光り方を手に入れられる」というLEDモジュールとWebサービスが合体したシステムです.

LEDモジュールというのは具体的にはフルカラーLED+Bluetooth通信モジュール+電源で構成されていて,i phone等のBluetooth対応端末からアクセスすることで自由に色を変えることができます.webサービス部分は様々なフルカラーLEDの光り方データを保存していて,i phoneアプリケーション等を使うことでこのデータを使って光を操作することができます.

 

hirameki_whiteboard

 

 

 

 

 

 

 

ハッカソン中に書いたホワイトボードはこちら.分かる人にはこれで分かる……はずw

 

luminouShare_logo

まずはデザイナの柴田君がつくってくれたサービスのロゴ.フルカラーLEDのイメージを表してます.


webサイトトップページ

 

こちらがwebデザイナ・エンジニアのねろさんがハッカソン中につくったプロトwebサイトトップページ.かっこいい!!

スクリーンショット 2014-08-11 22.45.44

 

サイト内には様々なLEDアニメーションのパターンが保存されていて,ダウンロードもできます.

 

スクリーンショット 2014-08-11 18.21.42スクリーンショット 2014-08-11 18.21.19スクリーンショット 2014-08-11 18.21.55スクリーンショット 2014-08-11 18.22.06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分オリジナルの光が作りたい人は,topページのアップロードボタンからスマートフォンのカメラを使って簡単に光のパターンをデザインすることができます.色のパターンに自分の好きな名前をつけることができて楽しい!

 

 

luminouShare1

 

 

 

 

 

 

このwebに上げられたデータを使って,実際にハッカソン中に作ったフルカラー照明を光らすことができました.写真だから分からないけど服の模様にそって赤→白→赤→白...みたいな感じで光りました.動画は近日中に上げます!

なんだかまだよくわからないと思うんですが,luminoShareを使うことでいろんな生活の中の光が洗練されていくと思うんです.例えば「夕日の色の光から日が落ちていく速度で月夜の色に移り変わる照明」みたいなことが簡単に実現できたり,「テレビ番組と同期して明滅する照明」みたいなことが実現できたり...

まだ始まったばかりの企画なのでまだ皆さんに使って頂くことができませんが,出来るだけはやく皆さんに楽しんで頂けるようにしたいなと思っています.

我々はluminouShareに対応したLEDモジュールの販売を目指して動いていきますが,luminouShareの通信規格はできるだけオープンにして,規格に対応した製品を誰でもつくっていいようにしたいと思っています.またLuminouShareのwebデータを使ったアプリの制作もオープンにしたいと思っています.LuminouShareは何かを独占して利益を得ることより,コミュニティを大きくして様々な光がシェアされることを目標にします!なのでこのアイデアに賛同してくださる方々,どうぞお気軽にご連絡ください!一緒に面白いものをつくりましょう!

 

ご連絡先

菊川裕也 kikukawayuya (at) gmail.com

 

(技術メモ)openFrameworks for iOSで方位磁石を使う / 磁石に反応させる

iPhoneに磁石を近づけると何か反応する,というインタラクションを作るためのメモ.

まず,iPhone3 以降のiPhoneには方位磁石が内蔵されており,CoreLocation.Frameworkというフレームワークを使えば周囲の磁力の変化を計測できる.
i pod touchには残念ながらこの機能は搭載されておらず,新しくても古くてもtouchではコンパスは使えない.

あと最も注意すべきこととして,iPhoneに強い磁石をくっつけたりすると多分壊れる.実験等を行う場合は磁力に注意.

appleがiOS環境のわかりやすいExampleを公開している
https://developer.apple.com/library/ios/samplecode/Teslameter/Listings/ReadMe_txt.html
objectiveCで作りたい人であればこれを参考にすればOK.

このプログラムの肝は

// Compute and display the magnitude (size or strength) of the vector.
//      magnitude = sqrt(x^2 + y^2 + z^2)

CGFloat magnitude = sqrt(heading.x*heading.x + heading.y*heading.y + heading.z*heading.z);

 [magnitudeLabel setText:[NSString stringWithFormat:@”%.1f”, magnitude]];

という部分.ようするにx y z の値を二乗ずつして足してスカラー値を取得している.iPhoneのマイクの辺りに磁石を近づけるとこのmagnitudeが大きく減少したり上昇したりする.

 

さて,ここからはこの機能をOFで使うにはどうするか.

結論としてはOFのExampleに方位磁石を使うものがあるので,それを修正するだけでOK.

使うexampleは「CoreLocationExample」というもの.これを見るとofxiOSCoreLocationというCoreLocationの機能をOF上で使うためのライブラリの使い方が分かる.

あとは

float magnitude = sqrt(coreLocation->getCompassX()*coreLocation->getCompassX() + coreLocation->getCompassY()*coreLocation->getCompassY() + coreLocation->getCompassZ()*coreLocation->getCompassZ());

みたいなかんじで計算すればiOS用のexampleと同様に磁力の変化が計測できる.

注意点として,ofxiOSCoreLocation.mmにあるように

 * ——————– note ———————–

 *

 * To get the compass to work on 3GS+ phones you’ll need to double clock on the iPhone oF target from the targets

 * dropdown in the grops & files menu. Make sure ‘All Configurations’ is selected, and then find the option called

 * ‘Preprocessor Macros’. Add to that: OF_TARGET_BUILD_SDK_IS_3_PLUS

 * ————————————————-

ビルドのターゲットを3GS以上にしないと正常に作用しないようです.