2018/03/25~03/31


今年からnnfではOKRを採用しており3月末で四半期ということで前のOKRの振り返りと新しいOKRの設定を行った。

OKRとはシリコンバレーの大企業が積極的に取り入れていることから注目を集めている目標設定・管理ツールだがシンプルなんだけど運用が難しくて大概最初は失敗するらしい。…と言ってたらこの3ヶ月実際失敗した感じだった。

最近だとうちの会社は新製品の開発を行っているので色々とスケジュールが想定通りいかなかったりするのだがOKRに沿ってそこにさらに野心的な目標を各セクションで数個建てたりすると現実と理想の乖離が悲惨な感じになって、結果的にはOKRなんて気にしてらんねえよって感じになってしまっていた。これはまずいなと思って本を読んだりして考え直した。

OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

この本はOKRを学ぶ時に必須みたいな有名な本なのだが自分はこのタイミングまで読んでなかった。けど結果的に言えば一度やってみて失敗した今のタイミングが一番吸収しやすかったと思う。本の前半は架空のスタートアップがOKRを取り入れようとして一度失敗し、改善してやり直すことで成功する物語になっているのだがまさに俺のためのストーリじゃないかと思うくらい共感した。

結果的に今四半期(2019/3~6月)はOKRをO目標1個、KR3つに絞り、要するに目標と計測すべき指標を限界まで絞り込んでみることにした。うまくいくかはわからないが、色々な目標に目移りしてフォーカスがぶれるよりはマシな気がしている。

うまくいかせるために明日からも頑張らねば。