(ブログ)会社をつくりました

久しぶりのブログ更新です.最近色々なことが一気に起こって,なかなか情報も確定できなかったので告知できませんでした.お世話になっている方々にもなかなか報告ができず申し訳ありませんでした!!!これから挨拶回りさせていただきたいと思っております.

さて,報告ですが,この度株式会社no new folk studio という会社を創業致しました.「IoT×音楽」をテーマに音楽用インタフェースの開発を主軸に活動する会社です.そして弊社は株式会社ABBA Lab様の支援プログラム「ABBALab Farm Program」に選出いただきまして,11月より秋葉原のDMM.make AKIBAにてハードウェアスタートアップ企業として活動をして参ります.創業したといっても数ヶ月はアクセレーションプログラムのなかで必死で勉強するといった感じで,実際に商売をはじめるのは来年以降になると思います.友人二人とはじめるとても小さな楽器店ですのでどうぞみなさま応援して頂けますと幸いです…!
実は11月半ばからまたスペインに行ったり忙しくしていると思いますが,12月半ばからは落ち着いて秋葉原で開発していると思いますので,付近に立ち寄られた方はお気軽にご連絡ください.

当面は支援プログラムの講習を受けたりしながらIoTなハードウェアをつくるための力を伸ばしていきます.同時に僕がスペインに留学してる間つくっていた「踏み込みで演奏できる靴」LuminouStepを,今後は商品化を目指してno new folkで開発していくことになりました!music hack day Barcelonaでは3賞受賞等話題にしてもらったLuminouStepですが,商品となるにはまだまだ課題がいっぱいです.それでも仲間と必死にブラッシュアップして皆さんの手に届く物にしたいと思っています.どうぞ応援よろしくお願いします!


あと,「no new folkってどういう意味なの?」って結構まわりに聞かれるので,できるだけ簡潔に説明.

folkとは,『民俗,民間, 地方の』といった意味を持つ言葉です.多くの人はこのfolkという言葉に,何か古めかしいイメージを持っています.でも,この先生まれる人も含めてすべての人が故郷や国を持っています.みんなのとってそれぞれのfolkがあって,folkは常に僕達の生活に根ざし,刷新され続けるものです.

「コンピュータと日常的に接する我々にとって,さらにデジタルネイティブ世代にとってのfolk musicを表現する」というのが我々の一つの命題です.そしてテクノロジーが生活に根本的に介在している今現在の僕らのfolkを表現するための「楽器」を開発すること,それが我々のミッションだと思っています.

でも,我々はそうして生まれる音楽を「新しいfolk」だとは思っていません.なぜならfolkとはもともと我々の生活とともに常に刷新されるはずのものだから.この先どのようにテクノロジーが進化して音楽が今の自分たちには想像もできない形に進化していたとしても,表現者が自分の出自に向きあって発信していたらそれはfolkだと思います.ひと時の新しさに固執して形骸化しない,そんな決意を持って,「no new folk」.

 

……ちょっと語ってみちゃいましたがおわかりいただけたでしょうか!??笑

実際語呂がよくて付けただけの気もするし,禅問答のように一生考えていく言葉のような気もしています.

起業の話も今日だけではとても書ききれないので,また追って報告していきます!乞うご期待